通関士について

通関士は「貿易・通関手続の専門家」です。

通関士と通関業者は違います。通関業を行なう通関業者は、各事務所・営業所ごとに一人ずつ通関士を配置しないといけないと言うことが法律で定められています。

通関業者が行なう膨大な通関手続の最終チェックをするのが通関士なんです。通関士は、いわゆる責任者ですね。

また、仮に、通関において何か問題が発生したときにも、通関士は大活躍します。

通関士の仕事を大まかに分類すると、通関業者と同じく「通関手続」「通関書類作成」「不服申立て」「税関に対する主張・陳述」の4つに分けられます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。